FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
 四日目の記事
2007 / 02 / 28 ( Wed )
旅終へてよりB面の夏休 (黛 まどか)

 「B面の夏休」というフレーズに惹かれてしまうのは果たして僕だけなのだろうか。非常に魅力的なフレーズである。夏休みには勉強等の苦痛と、旅行等の楽しみとの両面の時間が存在する。それを見事、A面とB面とで言い表しているところが素晴らしい。「旅終へてより」と詠んでいるので、B面は自由研究などで追われる宿題漬けの毎日だろうか。何れにしても、素敵な夏休みの音が懐古的にB面より聴こえてきそうだ。
 作者は、『現代俳句一〇〇人二〇句』(邑書林)に於いて、「この時代に立ち合った証を、俳句という器に映してゆきたい。」と記している。
スポンサーサイト

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

02 : 03 : 36 | 「一日一句鑑賞」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<五日目の記事 | ホーム | 三日目の記事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sss88.blog95.fc2.com/tb.php/4-669094ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。